スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:スポンサー広告 

ぷち旅行記

わたしはあさってから免許をとりに合宿!
しばらく会えないので(そうでもないけど)土曜から彼と熱海に行ってきました

日曜は投票にいけないからと、彼は土曜の朝投票してきたみたいです
わたしにわざわざ「幸福にいれた」と言ってきました--;

どうやら彼は原発賛成みたいです
今回の原発事故による死者がいなかったことで
被害者がいないと勘違いしているらしい

仕事を、家を、故郷をなくした人たちは被害者ではないのでしょうか

人が死なないといい事か悪い事かの判別もつかねーのかよと
思ってしまったのですが、わたしの発電に関しては詳しくないので
あまりこの事については話せませんでした、勉強不足です

その流れでやはり幸福の科学の話になったのですが、
大川隆法の謝らないわなんでもかんでも人のせいにするわの酷い人間性、
それらについて彼に聞きますと

「仏陀がそうしてたんじゃない」

と言ってきましたwww
愛人沢山作って沢山子どもを産んでくれた奥さん悪く言って
それを全部仏陀のせいにする彼には呆れます!

人間としてどう思うのか聞いても、あのエロおやじを只の人間だと思っていない時点で
その質問は無意味ですね...愚問でした

わたしの顔色が悪くなりそうなところで降車駅に着いたので
そこでは気まずい空気はなんとか避けられましたが、
「ああ、わかってはいたが、長い戦いになりそうだぜ」
そんなことを限りなく無音に近い小声で呟きました

夜は浜辺で大きな花火大会があり、それを見てきました
圧巻ですね!私たちを覆う空間全体に打ち上げ花火の音が反響して
身体がしびれるように花火職人たちの努力労力が伝わってくるようでとても感動的でした

その後旅館に戻ってゆっくりしていた時に、彼が
「好きになるのってこんなに不自由なんだね」
なーんて意味深な事いってきたのですが
彼も幸福の件でわたしが色々思う事をかなり問題視しているようでした

「色々大変な事はあるけど、一緒にいてくれるなら絶対あなたのこと幸せにしてあげられる」

そんなことを言いました、びっくりした様子でしたが、これは私の本音です


次の日の夜、選挙の開票があったのでそれにあわせてまた選挙の話

わたしは話が終わったあとも、彼が大川隆法を神の存在論的論証のような捉え方をしていることに
ものすごく不安を感じ、この人とやっていけるのかなどと考えていると
2人で浜を散歩している最中に、目に涙が溜まりました

不安で不安で仕方がなくて、
それでも彼はわたしの大切な人で、
この人の為なら頑張れると誓ったはずなのに、
それでも挫けてしまいそうになる瞬間があります

そんな時はぐっと堪えて、「大丈夫、わたしはそんなに弱くない」と何度も言い聞かせます



「ちよこって本当に顔変わるよね、別人みたい」
わたしは不安で堪らなくなると、焦点を何にも合わせずにずっと正面をむいたまま空中を眺める顔をします
涙が溢れてしまわないように、下は向きません
ですからよく表情が見えるのでしょう

「俺たち、うまくやっていけるのかな」

やはり彼も考えている事は同じ

うまくやっていけるかどうかなんてわからない
わたしも人間だから、不安で不安で仕方がなくなるときがある
それでも、昨日言った通り、わたしはあなたを幸せにする
元気なときは、頑張れる
そうじゃないときも、諦めないようにはできる


そう彼に伝えて、聞き返しました
うまくやっていけると思う?と

「うまくやっていけるかもしれないね」

この言葉を聞いて、まだどこか私の入り込む隙間が彼の中にあることが確認できました

大丈夫、うまくいく可能性が少しでもあるなら、絶対に放棄しないから


自分の信仰に彼女であるわたしが強く反対していることがわかっても、
彼はまだ、愛していると言ってくれます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Tag:デート  Trackback:0 comment:
プロフィール

ちよこ

Author:ちよこ
愛する彼が幸福の科学会員(2世)だった!彼をこっちの世界に引きずり戻すべく、アホな女学生(卒業しました)の無力な戦いを綴ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。